透明な車に轢かれる

心境を吐露するだけ

嫌なことを避けて生きていく

 

最近本を買うことが趣味になっている。ふらふらーっと近くのTSUTAYAに行き、 面白そうなタイトルの本を立ち読みして「これだ!」と思ったものを買うのだが、いかんせん自己啓発っぽい感じの本になってしまう。だって「俺はこのままでいいんだ!」って気にさせてくれるんだもん。

この間も積ん読用に買ったのだが、家で結構読んでしまって面白かったので紹介したいと思う。まず『過敏で傷つきやすい人たち(岡田尊司/幻冬舎新書)』。サブタイトルが「HSPの真実と克服への道」となっていてHSPとは「Highly Sensitive Person(敏感すぎる人)」の略語。ユング派の心理療法家のアーロンが提唱したが、科学的客観性がなく精神医学や臨床心理学から取り上げられることがなく今まで来たんだそう。そのHSP精神科医である筆者が患者の傾向などデータを示しながら、どうやって克服するかを書いた本。タイトル見たときに「まさに俺じゃん!」と思ったので買いました。上司に怒られただけで4か月も引きずる男なので。

この本一番面白いのは実際にチェックリストがあって過敏性を分析してもらえるということ。例えば「人から言われた言葉に傷つきやすい」や「嫌なことがあると長く引きずる方だ」のような問いがある。んで、やってみた結果「心の傷」という部門がここだけ突出して得点が高かった。ここともう一つ「愛着不安」という部門があってそれを合わせた点数が高いと生きづらさを感じる傾向にあるみたい。

「不安型か回避型か」という話もあって回避型だった。このタイプは「感情を抱かないように抑圧していてて、感情とか気持ちとかいうものを何の役にも立たない、そんなことに煩わされる暇があるのなら、もっと仕事や趣味や何かを達成することに時間を使った方が良い」「人に頼ったり相談したり、自分の弱みを見せたりすることを好みません。結局人生は、自分でどうにかするしかないと思っているからです」「躓き始める直前まで、なんに問題もないかのように過ごしているのですが、ある日突然、学校や会社に行けなくなったりするのです」と書かれている。まさに俺じゃん!この傾向ほんと強く出る。

「過敏の人への適応戦略」の章で書かれているのは回避する戦略もあるということでちょっと意外だった。「実際、刺激を回避する傾向は、受動的な感覚過敏よりも、社会適応度や幸福度において負の相関が弱くなります。」「回避戦略には次のようなものが含まれます。一つは他人と距離をとり、親密な関係を避けるということです。距離をとればとるほど安全なので、究極的には人との接触を避けるということです。」今割とこういう生活について考えている。まだ続きはあって「回避戦略のもう一つの原則はチャレンジを避けるということです。新しいこと、ちょっと難しいこと、負担が増えること、失敗するかもしれないこと、嫌な思いをする危険があること、それらをすべてを避けるとなると、現状維持でいくしかありません。」「回避戦略の有用な面も認めつつ、そこをどう抜け出すかが過敏な傾向を抱えた人にとっての大きな課題でしょう」と書かれていた。結局お金が稼げないからね。ネットだったら稼げるのかもしれないけど、そこを努力しようと思わないんだよなあ。

前々から小さなことで傷つくことが多かったので、実際にHSPかどうかは分からないですけど回避して生きていく選択もありと言ってもらえるのは少し安心した。傷つきやすい人たちって嫌なことをしなければいいわけですから幸福をほぼ手にしてるもので、あとはどうやってお金を稼ぐかになるんだろうあって思います。が、働きたくないんだよなあ。去年1年で、本当に心から働きたくないと思ったし、それは上司が嫌だからなんだけど、結局上司が異動しても責任がついて回りそうでそれが嫌なんだわほんと。バイトがいい!って思うんだけど、実際それで生活ができるかどうか分からないので、一人暮らししてまずは今の給料でどれぐらい生活できるかを確認すると。確認出来たらバイト生活をしたい。まあどう考えても死ぬんですけど、死ぬほど働きたくないんだよなあ。でも死にたくはないんだよなあ(笑)できるだけ死なずに嫌なことを避けることができるかが僕の人生で重要だと31年間生きてようやくわかった気がします。それと今までの人生は周りの人に全体重圧し掛かってる状態っていうんですかね。贅沢の限りを尽くした感あるので、もう死んでもいいかなというのと半分ぐらいの体重で圧し掛かるまでにはしたいなと思いました。恩返しみたいなのはできないです。

あとは行動できればいいけど。

まどろみながら飲むコーヒーは美味い

休憩の時に久々に外に出て食べようと思った。すき家に行っていつもの鶏そぼろ丼を頼もうと思ったのだが、どうしてか今日は牛丼並を食べた。あまり美味しくはなかった。味が気に入らなかったというわけではなく、どうやらただ空腹を満たそうとして食べるメシは何も感じないらしい。労働が終わった後のメシは美味い。今日一つ覚えたことだ。

そしてドトールへと向かった。いつもなら店の休憩所にある自販機で60円のホットココアを飲むのだが、今日は贅沢しようと思った。カフェラテ(M)を頼む。300円だ。ホットココア5個分だ。5日間のルーチン=コーヒー1杯。贅沢でしょう?

さて席へ座って飲む。両隣に人は座っていない。暖房は良く効いていて、店内は静かだ。この街は高齢者が多い。座ってる人の半分以上は50歳以上な気がする。そんなゆったりと流れる空気の中だとやっぱり眠くなる。二口飲むとうとうと瞼が落ちてくる。生きているのだか死んでいるのだか、どちらの世界にもいる感覚がとても心地よかった。飲む、まどろむを繰り返していると店員さんが座っている周りのテーブルを拭き始めたので「出ていけ」と言うことなのかと思い、ちょうどいい時間でもあったので出た。あのままポックリ逝けたら幸せだったのになあ(笑)

本日の不安くん

26日、27日と休みだったが特に何もせず過ごした。でも本当は意識的に時間を無駄に過ごしたいと思っているのにどこか仕事のことを考えてしまったりする。かといって仕事の準備をするわけでもない。

「何もしたくない」と「生きる」の間で最近は特に悩まされる。おそらくこの先異動もあったり責任が増えるのだろう。出来なくて怒られる。信頼を無くす。それだけで不安だ。おそらくこれを見て「何言ってんだ」という人なら不安を打ち消す努力をするのだろう。でも僕はそれをしたくない。淫夢動画見てたりボカロ、J-POPを聴いていたいし、サッカーの情報をチェックしていたい。「じゃあその生活すればいいじゃん」というのもまた正論。しかし淫夢を見るだけで金がもらえるのだろうか。残念ながら金に変えるまでの情熱はない。あくまで趣味だけを堪能する人生を望んでいる。ともすれば収入を下げる手が思い浮かぶ。バイトに格下げをしてもらえば時間も増えるだろう。しかし金がない。結局今の状態になってしまうのだ。はぁ・・・(クソデカ溜息)

バイトでも極貧生活ならまあやっていける自信はある。そんなこだわりは無いし、すき家のとりそぼろ丼(350円)さえあればやっていけるとは思ってる。ただ、貯金がないと不安で、貯金ができるぐらいの生活を考えるとどうしてもバイトだと足りないんじゃないかと。ここの所、自分で強迫感があるなとは感じてるんだけど止められないんだよね。きっと仕事を辞めても不安は消えないんだろうなあ。一種の障害だと思って、不安くんと友達になるぐらいの勢いじゃないとダメかも。

せめてここだけは剥き出しの自分を見せる場所にしたい

「正社員登用試験を受けてみないか」と言われ履歴書を書いている。ついこないだまで「契約社員やめたい」と言っていたんだが、誘うのも誘う方だし受ける方も受ける方だなと思う。誘っていただけるのはありがたいことなんだけど、自分でも契約社員と正社員どっちがいいか分からないんだよね正直。31歳、パラサイトです。

働きたくない気持ちは誰よりも負けないと思ってる。高校の時から学生生活が終わったら65歳まですっ飛ばして年金生活したいと夢を見ていた。大学生の時はクイズ研究会という名お茶会サークルでゲーセン通い(QMA)してて、その結果半年留年にはなったし。で、就活はしなかった。嫌だったから。ただ、大学の時に始めたアルバイトは続けていた。最初は夜勤の方へ行かないかと誘われたので、時給も上がるのでやりますと。次は契約社員でこちらも給料が上がるということでやることにした。

今年の9月ぐらいだったかなあ。異動してきた上司に怒られて、豆腐メンタルなので3か月ぐらいは引きずっていたと思う。怒られちゃいけないと思って残業したらしたで、ニコニコ動画とかサッカーの情報収集とかボカロとか邦楽洋楽は聴けなくなっちゃうし。というような悪循環でして、もうダメかなと思って「バイトに戻してくださいと」話は聴いてもらったと思う。それで気持ちは落ち着いたので、特にその後話とかはしていない。

そんな中でこの話だから、続ける気があるのか聞いたのかも知れないなあ。まあそんなとこですかね。近況としては。

いきなりどうしてこんなこと書く気になったかというと不安だったから。3か月前もそうだったけど、思ってることを言えない人間でもあるし、やりたいことは何もなく怠惰を貪りたいだけ。こんな倫理観ないこと言っても相手にされないのは見えてるし、かといってこの本音を言えないのはとてつもなく苦しいんだよね。だから、せめてここだけは剥き出しの自分出していこうかなと。どんなに汚くても醜くてもいいから。現実のことを考えれば趣味に時間を費やせない段階でもう人生が消耗戦になることは見えてる。ただ、お金が足りないってのは実際一人暮らししてみないと分からない所なので一人暮らしは当面の目標としたい。そうすればバイトで良いのかは見えてくるのかもなあ。

普通の日記も書いていこうかなと思う。何かネタを探しながらしていけばそれなりに楽しくはなるかなとは思うし。あーもうこんな時間だよ。まだ履歴書かいてねー。

じゃあね。